Loading...
アイドル歌手を強盗から救い出し、国民的ヒーローとなった優しく誠実な宅配ドライバーのゴヌ(カン・ドンウォン)。ある日、旧友のムヨル(ユン・ゲサン)に突然呼び出されて再会を喜んでいた時、目の前で次期大統領最有力候補者が爆弾テロにより暗殺されてしまう。動揺するゴヌに向かってムヨルは、「お前を暗殺犯に仕立てるのが“組織”の狙いだ。誰も信じるな、生きろ!」と警告して自爆。ゴヌは、その瞬間から無数の人物に命を狙われ、訳も分からずひたすら逃げることになった。やがて全ての計画が国家権力によって仕組まれたものだと知る。身に覚えのない罪を着せられ証拠をねつ造された絶体絶命の状況下、生きて自らの無実を証明するための必死の逃走と反撃がはじまる。
「本屋大賞」「山本周五郎賞」を受賞した伊坂幸太郎の傑作ベストセラー小説を原作に、強大な陰謀に巻き込まれた平凡な男の迷走サバイバルを描いた本作。2010年に公開された同タイトルの日本版とは一味違う大胆な脚色が随所に加えられ、原作とは異なるラストや、迫力あるバトルシーンが盛り込まれている。作品のテーマソングとなっているのが、ビートルズ解散直前にポール・マッカートニーが完成させた「Golden Slumbers」だ。この名曲が、男性4人グループ「WINNER」のリードボーカルであるカン・スンユンの柔らかく魅力的なボイスと、若き歌姫イ・ハイのソウルフルな歌唱による2バージョンのカバー曲となって蘇り、ノスタルジーを誘う。そして、この曲が主人公ゴヌの支えとなり、高校時代の友人たちとを結ぶ。
原作に感銘を受けたカン・ドンウォンが、自ら映画製作会社に製作をオファーし、7年の歳月を経てその夢を実現させた意欲作。『MASTER/マスター』『華麗なるリベンジ』などで個性の強い役柄をこなしてきた姿から一転。本作では、アブノーマルなシチュエーションに放り込まれた善良でごく普通の市民の困惑を全身で表現し俳優としての新境地を開拓している。 『ビューティー・インサイド』「トンイ」(TV)の人気女優ハン・ヒョジュ、『犯罪都市』のユン・ゲサン、『インサイダーズ/内部者たち』のキム・デミョン、『悪いやつら』で強烈な印象を残したキム・ソンギュン、そして『新感染 ファイナル・エクスプレス』のベテラン俳優キム・ウィソンが加わり、「サスペンス」「アクション」「コメディ」「ロマンス」「青春ドラマ」の醍醐味を堪能できる作品となった。
宅配ドライバーのキム・ゴヌ(カン・ドンウォン)は、配達の途中で人気女性アイドル歌手のスア(キム・ユジョン)に襲いかかってきた強盗を無我夢中で撃退し、その功績で「勇敢な市民賞」を受賞した。報奨金を全額寄付したことがメディアで報じられると、謙虚な姿勢や甘いマスクで話題を呼び、人気がヒートアップ。「模範市民」として、一躍国民的ヒーローとなった彼の元には、写真撮影やサインを求める人々や、政界・寄付・保険の勧誘が殺到していた。

次期大統領選挙に沸くソウルの光化門。久しく会っていなかった高校時代のバンド仲間ムヨル(ユン・ゲサン)から突然会いたいと連絡がくる。久々の再会を喜び他愛もない会話を楽しんでいたが、突如、目の前で次期大統領最有力候補者である国民自由党のユ・ヨングクが爆弾テロによって暗殺される。衝撃的な光景を目撃し動揺するゴヌに対して、ムヨルは「国民の英雄キム・ゴヌは、大統領候補を暗殺して自爆する。それが我々の計画だ...」と語り、ある人物の携帯番号が書かれたメモを渡して「誰も信じるな。生きろ」と告げたのち、死ぬはずだったゴヌに代わって自爆した。
親友の突然の死を悼む間もなく、その瞬間から謎の男たちに命を狙われ、訳も分からずひたすら逃げなくてはいけなくなったゴヌ。ガールフレンドの家に身を隠したものの、彼女もゴヌを陥れるための要員だったことが分かり、追っ手を振り切ってとにかく必死で隠れる場所を探す。

大統領直属の機関である国家情報院のファン局長(ユ・ジェミョン)は、暗殺現場周辺の監視カメラ映像や目撃情報をもとに「爆破暗殺犯はキム・ゴヌである」と断定し、公式発表。マスメディアはこれを一斉に報道し、大規模な包囲網が敷かれる。身に覚えのない罪を着せられたゴヌだったが、やがて事件の裏に国家権力が潜んでいることを知る。無数の警察に追われる無実の男は、巨大な陰謀にどう立ち向かうのか――?
1981年1月18日生まれ。2000年にモデルデビューし、ドラマ「威風堂々な彼女」で俳優に転身。華のあるカリスマオーラと天性の演技力を様々なジャンル映画を通して発揮し、三十代俳優のトップに立つ。これまで、刺客・死刑囚・工作員・超能力者・司祭・詐欺師などインパクトのあるキャラクターを演じてきたが、本作では特殊な才能も身を守る武器も持たない“ドンウォン史上最も平凡な都会の青年”となって登場。スラリとしたモデル体型から体重を5kg増やし、逃走シーン撮影のため計150時間をひたすら走り続け、主人公ゴヌとその顔を盗む男“通称シリコン”の一人二役にも初挑戦した。押井守監督の長編アニメ『人狼 JIN-ROH』の韓国実写版「Illang : The Wolf Brigade(原題)」(18)で、女優ハン・ヒョジュと再び共演。そしてついに自身初となるハリウッド映画『Tsunami LA(原題)』(19年全米公開予定)の主演を務めるなど、世界を視野に飛躍の時を迎えている。
【主なフィルモグラフィー】
彼女を信じないでください(04)/ オオカミの誘惑(04)/ デュエリスト(05)/ 私たちの幸せな時間(06)/ あいつの声(07)/ M(エム)(07)/ チョン・ウチ 時空道士(09)/ 義兄弟 SECRET REUNION(10)/ 超能力者(10)/ カメリア(11)/ 群盗(14)/ 世界で一番いとしい君へ(14)/ プリースト 悪魔を葬る者(15)/ 華麗なるリベンジ(15)/ 隠された時間(16)/ MASTER/マスター(16)/ 1987、ある闘いの真実(17)
1965年12月17日生まれ。名門ソウル大学在籍中に演劇サークルに入り、卒業後から数多くの人気劇団の舞台に立つ。映画界でもキャリアを積むなか突然、35歳の時に俳優業を完全休業し、10年間ベトナムでTVドラマ制作をしていたという異色の経歴を持つ。善人から極悪人まで演じる役の幅は広く、『新感染 ファイナル・エクスプレス』の傲慢な悪役で「第53回百想芸術大賞 助演男優賞」を受賞。『プリースト 悪魔を葬る者』に続きカン・ドンウォンと二度目の顔合わせとなる本作では、アクションスクールに2ヶ月間通って身につけた高度なバトルシーンを披露する。
【主なフィルモグラフィー】
建築学概論(12)/ 観相師 ―かんそうし―(13)/ サスペクト 哀しき容疑者(13)/ ビッグマッチ(14)/ 二十歳(ハタチ)(15)/ オフィス 檻の中の群狼(15)/ 国選弁護人 ユン・ジンウォン(15)/ プリースト 悪魔を葬る者(15)/ 造られた殺人(15)/ 新感染 ファイナル・エクスプレス(16)/ ザ・キング(17)
1987年2月22日生まれ。19歳でファッションブランドのモデルとしてデビューし、初演技ドラマ「春のワルツ」のヒロインに大抜擢。「華麗なる遺産」や「トンイ」で“視聴率女王”と呼ばれる。日本映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』では相葉雅紀や生田斗真と共演。清楚でナチュラルな美しさが常に注目の的になっている。
【主なフィルモグラフィー】
マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ(06)/ 走れ自転車(08)/ ただ君だけ(11)/ 王になった男(12)/ ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士(12)/ 監視者たち(13)/ MIRACLE デビクロくんの恋と魔法(14)/ セシボン(14)/ ビューティー・インサイド(15)/ 愛を歌う花(16)
1978年12月20日生まれ。K-POPアイドルグループ第一世代を代表する「god」のメンバー。主演デビュー映画『僕らのバレエ教室』で「第41回百想芸術大賞新人賞」に輝き、音楽と演技の両面で人気を博す。初の極悪人に扮した映画『犯罪都市』や、全米人気ドラマの韓国リメイク「グッドワイフ -彼女の決断-」などで精悍な演技を見せている。
【主なフィルモグラフィー】
僕らのバレエ教室(04)/ ビースティ・ボーイズ(08)/ 6年目も恋愛中(08)/ 執行者(09)/ プンサンケ(11)/ レッドカーペット(14)/ 国選弁護人 ユン・ジンウォン(15)/ バッカス・レディ(16)/ グッドワイフ -彼女の決断-(16/TV)/ 犯罪都市(17)
1980年5月25日生まれ。長く地道な演劇活動を経て、映画『悪いやつら』に初抜擢。新人らしからぬスゴ味と強烈なヘアスタイルが話題となり、「第48回百想芸術大賞」「第49回大鐘賞映画祭」「第21回釜日映画賞」新人男優賞を次々獲得した。それ以降の出演作でも、独特の持ち味を活かした存在感を印象づけている。
【主なフィルモグラフィー】
悪いやつら(12)/ 隣人 -The Neighbors-(12)/ 結界の男(13)/ ファイ 悪魔に育てられた少年(13)/ サスペクト 哀しき容疑者(13)/ シークレット・ミッション(13)/ 群盗(14)/ 鬼はさまよう(15)/ 探偵ホン・ギルドン ~消えた村~(16)/ 監獄の首領(17)
1980年12月16日生まれ。成均館大学演技芸術学科を卒業後、演劇界にデビュー。社会現象となった初出演ドラマ「ミセン -未生-」の親しみやすいキャラクターで注目され、「コリアドラマアワード 男優部門最優秀演技賞」を受賞。本作では、実際に同年代のカン・ドンウォンとキム・ソンギュンと俳優という枠を超えて真の友情を築いていった。
【主なフィルモグラフィー】
さまよう刃(14)/ ポイントブランク ~標的にされた男~(14)/ 王の涙 - イ・サンの決断-(14)/ タチャ~神の手~(14)/ 未生 -ミセン-(14/TV)/ ビューティー・インサイド(15)/ インサイダーズ/内部者たち(15)/ 造られた殺人(15)/ ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女(16)/ 犯人は生首に訊け(17)
1973年生まれ。韓国映画芸術アカデミー在学中に製作した短編映画が海外の映画祭で上映され、高く評価される。長編監督デビュー作「My Generation(英題)」で夢を追う青春像をリアルに描き、第6回釜山映画評論家協会賞 特別賞を獲得。明日への希望もなく暮らす二人の青年が予期せぬ事件に巻き込まれる「俺たちの明日」でも第60回ロカルノ国際映画祭 審査員特別賞を受賞した。初めて商業映画として取り組んだ本作では、緊迫感と共に温もりのある演出をし、賞賛を伴う大きな注目を集めた。
Q 『 ゴールデンスランバー』を監督することになったきっかけは?
原作を読み、巨大な陰謀に巻き込まれる主人公が平凡な小市民だという部分に惹かれ、新たに映画化してみたいと思いました。原作の興味深い設定は維持しつつ、2018年の韓国の現状に焦点を合わせました。普通の人なら陰謀に巻き込まれることはありませんが、人に裏切られた経験や孤独を感じることはあるでしょう。観客にはその“共感”を伝えたかった。暗殺犯にされた主人公が事件に立ち向かう姿を見守る観客が、自分の人生を振り返り、友達や家族について考えてみたくなる映画になれば嬉しいです。
Q キャストについて教えていただけますか?
キャスティングが第一だと考えていたので、脚本を渡した俳優全員に出演を快諾して頂きとても嬉しかったです。撮影現場では友達同士のように楽しく過ごし、良い雰囲気をそのまま映画に盛り込もうと努力しました。特にカン・ドンウォンさんからは学ぶことが大変多く、もはや映画界のベテランだと感じましたし、主人公の素朴さをよく理解して表現してくれたと思います。
Q 逃走シーンのため、どのような努力をされましたか?
ソウル市内のド真ん中で繰り広げられる撮影でしたので、許可が取れた制限時間内に撮影を終えなければなりませんでした。各シーンをどのように撮影するかシミュレーションを重ねたお陰で、現場ではスタッフが手際よく動いてくれました。特に光化門のロケの際は、与えられた時間が4時間でしたので、爆発シーンの撮影チャンスは一度だけ。少しの誤差も許されないので、きっちり進められるよう徹底的に準備し、緻密なリハーサルを重ね、たった一度の挑戦でリアルな場面を完成させることができました。
Q 劇中で使われた音楽について教えてください
観客の皆さんに自分が過ごしてきた人生を振り返ってほしいというのが目標でした。映画のタイトルでもあるビートルズの「Golden Slumbers」は、おもに主人公が過去を回想する際に流れる曲で、純粋だった頃の想い出と感情を表現するようにしました。また、シン・ヘチョルさんの曲には、友情と青春を代弁してもらいました。映画『1987、ある闘いの真実』『バトル・オーシャン 海上決戦』のキム・テソン音楽監督が、韓国のロックバンドに最も愛され歌われている曲「그대에게(君に)」を推薦してくれて、エネルギーに満ちた青春を表現するのにぴったりの曲でした。「힘을 내(力を出して)」は温かな歌詞とメロディが映画のメッセージとマッチし、余韻と感動を伝えることができていると思います。
Q 観客の皆さんにメッセージをお願いします
映画を観た後に心が温かくなり、疎遠だった人にふと連絡したくなるような気持ちになる映画だと思います。懐かしい想い出や郷愁、そして感動が皆様にそのまま伝われば嬉しいです。
都道府県 劇場名 公開日
宮城 フォーラム仙台 1月12日
宮城 イオンシネマ石巻 1月12日
東京 シネマート新宿 1月12日
神奈川 小田原コロナシネマワールド 1月12日
神奈川 イオンシネマ港北ニュータウン 1月12日
群馬 シネマテークたかさき 3月30日
石川 金沢コロナシネマワールド 1月12日
愛知 中川コロナシネマワールド 1月12日
愛知 小牧コロナシネマワールド 1月12日
愛知 豊川コロナシネマワールド 1月12日
愛知 シネマスコーレ 3月2日
愛知 半田コロナシネマワールド 1月12日
岐阜 大垣コロナシネマワールド 1月12日
三重 イオンシネマ津 1月12日
大阪 シネマート心斎橋 1月12日
京都 出町座 2月9日
兵庫 イオンシネマ三田ウッディタウン 1月12日
兵庫 塚口サンサン劇場 3月1日
広島 福山コロナシネマワールド 1月12日
広島 イオンシネマ広島西風新都 1月12日
福岡 小倉コロナシネマワールド 1月12日
福岡 イオンシネマ大野城 1月12日
佐賀 シアターシエマ 4月12日
宮崎 宮崎キネマ館 3月2日
沖縄 桜坂劇場 3月2日