Loading...
ニューヨークを牛耳るユダヤ人上流社会に食い込もうと、ノーマンは小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、イスラエルのカリスマ政治家エシェルに偶然を装って近づき、ブランドの革靴をプレゼントする。それから3 年後。イスラエル首相に就任したエシェルと再会を果たしたノーマンは、“首相のお墨付き“を武器に超大物たちの間で暗躍し始める。しかし過度の”忖度”はさまざまな混乱を巻き起こし、国際紛争を起こしかねない事態を招いてしまう。。。存在を認められたい!偉い人と繋がりたい!あわよくば大金を手にしたい!そんな万国共通の欲望を笑い、自省したくなるブラックすぎる忖度コメディの傑作が、政治的混乱中の日本に上陸する。
『プリティ・ウーマン』『HACHI 約束の犬』など幅広く活躍を続け、〈この世で最もセクシーな男性〉にも選ばれた2枚目ハリウッドスターのリチャード・ ギアが、厄介ごとを引き受けまくる自称フィクサーを怪演。シェイクスピアの「ヴェニスの商人」などで描かれる宮廷ユダヤ人(※1)にインスパイアされた主人公ノーマンを演じるために、撮影の1年前から役作りを研究。歩き方から表情、耳の立ち方(!)にいたるまで、お調子者だけど憎めないキャラクターを作り上げた。
(※1)宮廷ユダヤ人 :差別•迫害を受けていたユダヤ人は、多くの職業から排斥されたため、学問•芸術•金融業•商業に従事。貴族に資金運用や資金貸付を行った銀行家、金融業者、貿易商などが宮廷ユダヤ人と呼ばれた。彼らの一部は経済的に成功を収め、政治的影響力を持つようになった。
ノーマンを翻弄するエシェルには、イスラエルを代表する俳優リオル・アシュケナージ。主演作『運命は踊る』の日本公開も控えている。ノーマンの甥っ子で敏腕弁護士のフィリップには『クィーン』のマイケル・シーン。他にコーエン兄弟やタランティーノ監督作品で重用される個性派スティーヴ・ブシェミ、『美女と野獣』のダン・スティーヴンス、女検察官をフレンチシックの女王シャルロット・ゲンズブールが演じる。監督は『ボーフォートレバノンからの撤退』と「フットノー ト」が続けてアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたヨセフ・シダー。ヴィム・ヴェンダース監督の『Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』やリオ五輪の閉会式における「君が代」の大胆なアレンジでも注目を浴びた三宅純が音楽を担当する。
世界金融の中心地、ニューヨーク。その一端を牛耳るユダヤ人上流社会に食い込むべく、自称フィクサーのノーマン・オッペンハイマー(リチャード・ギア) は小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日、某国の高官が未収税の債券を格安で売却希望との裏情報を掴む。狙うは有名投資家のウィルフとタウブの2人。甥っ子の弁護士フィリップ(マイケル・シーン) のつてを頼ってウィルフの秘書(ダン・スティーヴンス) に接触を図るが、門前払いを食らう。それでも諦めないノーマンはニューヨークを訪れていたイスラエルのカリスマ政治家エシェル(リオル・アシュケナージ)の肩書きを利用することを思つく。偶然を装って彼に近づき一流ブランドの革靴をプレゼントして、私用の電話番号を手に入れるのだった。しかし、せっかく招待したタウブ主催の食事会にはエシェルは現れなかった。
それから3 年後、エシェルはイスラエル首相に大出世した。ノーマンはワシントンD C で開催された支援者パーティに参加する。そして、奇跡は起きた。あの夜以来、音信不通だったエシェルが、感激した面持ちでノーマンを抱きしめ、“ニューヨークのユダヤ人名誉大使”と人々に紹介したのだ。あらゆる業界の人々から羨望の眼差しで見つめられ、ノーマンは成功を確信した。帰りの車中、興奮冷めやらぬ彼は、イスラエル法務省の女検察官アレックス(シャルロット・ゲンズブール)と知り合う。壮大な計画を得意げに語るノーマンだったが、怪しいやり口に彼女が疑惑を持ったとは気づくはずもなかった。。。。
仲介者、調停者、事件をもみ消したり裏取引をする人。
迫害の歴史のなかで、強い同族ネットワークを築き上げる。経済・政治・エンタメ界の中心にいる。
絶大な力を持ち、米大統領選や議会を左右するシオニスト系ユダヤ人たち。トランプ政権の米大使館エルサレム移転もユダヤ人の花婿クシュナーの影響と言われている。
世界金融の中心都市。約145万人ものユダヤ人が暮らし「ジューヨーク」というジョークがあるほど。

  • 1949 年ペンシルヴァニア州フィラデルフィア生まれ、ニューヨーク州シラキューズ育ち。マサチューセッツ大学中退後、 ブロードウェイの舞台を経て映画界に入る。77 年の『ミスター・グッドバーを探して』で注目され、翌年、テレンス・マリック監督『天国の日々』で主演を務め、 世界にその名が知られる。2枚目俳優として『愛と青春の旅だち』(82)、『コットンクラブ』(84)などで人気を博し、90年の大ヒット作『プリティ・ウーマン』で ゴールデン・グローブ賞にもノミネートされる。この後、女優を引き立てる名優として愛され、『ジャック・サマースビー』(93)、『心のままに』(93)、 『Dr.T と女たち』(00)、『運命の女』(02)、『シカゴ』(02)などに出演する。また、黒澤明監督作『八月の狂詩曲』(91)や 『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』(04)、『HACHI 約束の犬』(08)といった、日本ゆかりの作品への出演も。俳優活動の傍ら、 熱心なチベット仏教信者で人道主義者としても活動し、数々の人道賞を受賞している。現在、カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018にて 「冷たい晩餐」(17)が日本公開中。19 年、BBCにてOA予定のサイコスリラードラマ「MotherFatherSon」を撮影中。
  • 1969年イスラエルのラマト・ガン生まれ。94年に演劇学校を卒業し、俳優として活動を始める。「LATE MARRIAGE」(01)を皮切りに、 イスラエル・アカデミー賞の常連として知られ、シダー監督作「フットノート」(11)で主演男優賞を受賞している。その他日本公開作は『オオカミは嘘をつく』(13)、 第74回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した『運命は踊る』(17/2018 年9月29日公開予定)がある。
  • 1969年イギリス・ウェールズ生まれ。英国王立演劇学校で演技を学び、舞台から俳優の道へ。ブレア元首相役で出演した『クィーン』(06)や『フロスト×ニクソン』(08)、 『ミッドナイト・イン・パリ』(11)と、アカデミー賞ノミネート作3作に出演し、世界の映画ファンに知られるように。若者の間でブームになった『トワイライト』、 『アンダーワールド』、『アリス・イン・ワンダーランド』シリーズで出演する一方、『ノクターナル・アニマルズ』(16)、『パッセンジャー』(16)など、 シリアスな物語でも活躍する。現在、来年4月に全米公開予定でロバート・ダウニー・Jr.主演作「The Voyage of Doctor Dolittle」の撮影中。
  • 1957年ニューヨーク市ブルックリン生まれ。アクターズ・スタジオ出身。個性的な顔立ちと声を武器に、ジム・ジャームッシュ監督の『ミステリー・トレイン』(89)、 『デッドマン』(95)や、コーエン兄弟の『ミラーズ・クロッシング』(90)『ファーゴ』(96)、クエンティン・タランティーノ監督の『レザボア・ドッグス』(91) 『パルプ・フィクション』(94)など、インディペンデント映画で活躍した。96 年には初の脚本、監督作『トゥリーズ・ラウンジ』を発表する一方、 『コン・エアー』(97)や『アルマゲドン』(98)といったブロックバスター映画にも登場し、強烈な印象で人気者になる。俳優になる前はニューヨークの消防士だった 過去があり、2001年の同時多発テロの際、元消防士のボランティアとして救出活動に参加したことが話題となった。近作に、8月3日公開の『スターリンの葬送狂騒曲』(17) と11月公開予定の「リーン・オン・ピート(原題)」がある。現在、主演のドラマシリーズ「Miracle Workers」が編集中。
  • マルチクリエイターのセルジュ・ゲンズブールと女優ジェーン・バーキンという時代のカリスマを両親に1971 年ロンドンに生まれる。84年にカトリーヌ・ドヌーヴの 娘役として『残火』で映画デビューし、2作目の『なまいきシャルロット』(85)でセザール賞の有望若手女優賞を受賞する。その後、母のパートナーとなった ジャック・ドワイヨン監督の『イザベルの誘惑』(85)や、父ゲンズブールの監督・主演作『シャルロット・フォー・エヴァー』(86)などに出演。『ジェイン・エア』(96) で国際的に認知されるようになり、翌 97 年に『愛を止めないで』(91)で共演したイヴァン・アタルとの間に息子をもうけた後、『ブッシュ・ド・ノエル』(99)で セザール賞助演女優賞を受賞。物議をかもしたラース・フォン・トリアー監督の『アンチクライスト 』(09)では体当たりの演技でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞した。 その他の出演作に、『ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール』(01)、『誰のせいでもない』(15)、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(16)など、 幅広いジャンルで活躍する。
  • 1982 年、イギリス生まれ。テレビからキャリアをスタートし、エミー賞を受賞したドラマ「ダウントン・アビー」(10~)のマシュー・クローリー役で国際的にブレイク。 『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』(14)に出演するが、最も知られているのはエマ・ワトソン主演のミュージカル『美女と野獣』(17)で演じた野獣役だろう。 現在、カリテ・ファンタスティック! シネマコレクション2018にて「結婚まで1%」(17)が公開中。ナタリー・ポートマンと共演した「Pale Blue Dot」(19)など 他2作品も公開待機中。
  • 歌手として国際的に活躍したキャリアを持つ。60年代にはアルバムを発売。70年代は俳優として3本の映画に出演。最初にヨーロッパへ渡ったグループの一人で、整形手術を施した第一人者で、それにより独裁政権下で投獄されたと噂されている。放浪癖があり、年中旅をしているため、家も持たず、彼女の性同一性を受け入れなかった家族とのつながりもない。
  • 1937年1月13日リオ・グランデ・ド・スル生まれ。名づけ親に育てられた過去を持つ。50年代は女優として3本の映画に出演。”Les Girls”のバックステージにいたが、努力のおかげでショーに出演できるようになった。いつでも愛らしく、体型維持に熱心で1976年、リオのカーニバルの最初のQueen of Batteryに選ばれたこともある。成功したスタイリストやヘアメイクたちと良い関係を続けており、彼らに経済的に助けられている。
1968 年ニューヨーク生まれ。6 歳でイスラエルに移住する。大学では哲学と演劇史を学ぶ。在学中にデビュー作「TIME OF FAVOR」(00)の脚本を書き始める。 イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区で繰り広げられるラブ・トライアングルをめぐるこのスリラーは国内で大ヒットし、イスラエル・アカデミー賞で作品賞と脚本賞を含む6冠に輝き、 アカデミー賞外国語部門のイスラエル代表に選ばれた。2作目の「CAMPFIRE」(04)はベルリン国際映画祭でドン・キホーテ賞を受賞する。 3作目の『ボーフォート-レバノンからの撤退-』(07)は自身の兵役体験を描き、ベルリン国際映画祭の銀熊(監督)賞を受賞した。4作目「フットノート」(11)は カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞し、日本でも〈三大映画祭週間2014〉にて上映された。3、4作目はいずれもアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされている。 本作はシダー初の英語作品となる。
1963年エルサレム生まれ。テルアビブ大学映画科を卒業後、ニューヨークのスクール・オブ・ヴィジュアル・アーツで学ぶ。テレビとドキュメンタリー作品を経て、2002年に映画界へ。 ヨセフ・シダー監督作品は前作「フットノート」(11)に続いて2作目となる。イスラエルを代表する撮影監督であり、イスラエル・アカデミー賞に6度ノミネートされ「フットノート」で 受賞した。日本では「ベツレヘム 哀しみの凶弾」(13)がDVD 発売されている。
1972年ニューヨーク生まれ。ニューヨーク大学の芸術学部で映画を学ぶ。手がけた多くの作品がサンダンス映画祭やカンヌ国際映画祭で上映され、 ケヴィン・ベーコン主演のテレビ映画「TAKING CHANCE」(09)ではエミー賞を受賞している。主な作品にリチャード・ギア主演『最後の初恋』(08)、 ブラッド・ピット主演『ジャッキー・コーガン』(12)、ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の『ショートバス』(06)と『パーティで女の子に話しかけるには』(17)など。
日野皓正に見出され、バークリー音楽大学に学び、ジャズトランぺッターとして活動を開始。作曲家としても頭角を現し、CM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、 コンテンポラリーダンス等多くの作品に関わる。3000 作を優に超えるCM 作品の中にはカンヌ国際広告映画祭等での受賞作も多数。 ピナ・バウシュ、ロバート・ウィルソン、オリバー・ストーン、ジャン=ポール・グードらの作品に参加し、異種交配を多用した個性的なサウンドは国際的賞賛を受けている。 映画ではアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたヴィム・ヴェンダース監督『Pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(11)や、 大友克洋監督『MEMORIES』(95)などの音楽を手掛け、ジュリア・ロバーツ主演『食べて、祈って、恋をして』(11)などに楽曲提供もしている。 ジャンルを超越した活動を通じてハル・ウィルナー、アート・リンゼイ、デヴィッド・バーン、グレース・ジョーンズ等の海外音楽家とのコラボレーションも多い。 05 年秋よりパリにも拠点を設け、精力的に活動中。アルバム「Stolen from strangers 」(07)「Lost Memory Theatre act-1 」(13)、 「Lost Memory Theatre act-2 」(14)はフランス、ドイツの音楽誌で「音楽批評家大賞」「年間ベストアルバム賞」などを連続受賞した。
都道府県 劇場名 上映期間
青森 シネマディクト 1/12~1/25
青森 フォーラム八戸 1/18~1/24
山形 フォーラム山形 1/11~1/17
東京 下高井戸シネマ 12/15~12/21
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 12/8~12/21
千葉 キネマ旬報シアター 12/8~12/14
栃木 宇都宮ヒカリ座 1/26~2/8
栃木 小山シネマロブレ 1/5~1/18
静岡 シネマe_ra 12/29~1/11
静岡 シネプラザ サントムーン 12/8~12/20
長野 岡谷スカラ座 12/1~12/13
長野 佐久アムシネマ 1/11~1/24
長野 長野千石劇場 2/2~2/15
三重 進富座 12/8~12/21
岐阜 CINEX 12/8~
岐阜 大垣コロナシネマワールド 12/7~12/27
福井 福井コロナシネマワールド 12/7~12/27
兵庫 塚口サンサン劇場 1/4~1/17
岡山 シネマ・クレール 2/9~2/22
広島 広島サロンシネマ 12/7~12/20
広島 シネマモード 12/29~
愛媛 シネマサンシャイン大街道 12/21~
福岡 KBCシネマ 12/22~1/4
熊本 Denkikan 12/8~
宮崎 宮崎キネマ館 1/19~1/25
鹿児島 ガーデンズシネマ 1/5~1/25